北海道へ行くなら!癒され絶景スポット紹介①函館編|fumu2[フムフム]

2015/09/15

北海道へ行くなら!癒され絶景スポット紹介①函館編

  • btn_share_facebook1x-4716037
  • btn_share_twitter1x-3594015
  • btn_share_google1x-1643241
  • btn_share_line2x-7855559
  • btn_share_hatena1x-2712263

5連休のシルバーウィークを目前に控え、いよいよ秋の行楽シーズン突入です! 10月、11月にも3連休がありますし、日頃忙しい自分へのご褒美でゆっくり旅行でもしたいですね。

皆さんが出かけるとしたら、どこに行きますか?

これからの時期も暖かい沖縄? 紅葉に染まる京都? それとも、新幹線が開通した北陸? どこも食べ物もおいしそうで全部行きたいくらいですが、1か所に限定するなら、景色も良く山海の幸も豊富、思う存分リラックスできることまちがいなしの「北海道」はいかがでしょうか? 5日間では回りきれないほどたくさんの名所がありますが、ここでは中でも人気の癒され絶景スポットを、北海道の旅の玄関口、函館からご紹介していきたいと思います。 つきなみと思うかもしれませんが、やはりここは一見の価値アリ。 くびれた陸の形どおりにライトアップされた夜の函館の街は、さすが100万ドルの夜景です。 ただ、皆さんそう思ってやって来るので、展望台行きのケーブルカーもバスも、もちろん展望台も、かなり混みます! これではどんなに美しくても癒し効果半減ですね。

スマートに夜景を楽しみたいなら、夜景の見えるレストランやバーはいかがでしょうか。

ゆっくり大人の夜が楽しめます。

夜景を楽しむレストラン&バー
函館山から見る夜景は、きゅっとくびれた優美なラインが暗い海と街の明かりのコントラストを際立たせるのが魅力。手を伸ばせば届きそうな距離に広がるロマンチックな世界...

出典: http://www.hakobura.jp/assets_c/2011/04/110414k01-10561.html

新選組副長・土方歳三が命を落とした箱館戦争の舞台としても有名です。 箱館(現・函館)が開港されたのは、ペリーの来航によって日本の長い鎖国が解かれたのがきっかけで、わずか150年程前のこと。北海道はまだ移民も行われる前で、蝦夷と呼ばれていました。色々と不備も多かった最初の箱館奉行所に代わる役所として、ヨーロッパの堅固な城塞を真似て造られたのが、この星型の五稜郭です。 傍らに立つ五稜郭タワーからは、その全貌が見渡せます。

春には、城跡に沿って咲く桜の花が見事です。

http://www.goryokaku-tower.co.jp/index.html

出典: http://japan-year.info/wp-content/uploads/2015/03/mono-39.jpg

函館の見どころなんて夜景くらいしか知らない、という方も多いかもしれません。

トラピスチヌ修道院や、赤レンガの金森倉庫もひょっとしたらご存知でしょうか?

でも、函館の街の魅力は、そういった一つ一つの名所の存在というよりは、北海道の広大さを背景としてエキゾチックな街並と広大な海の気配とが織りなす、独特の雰囲気にあるのではないかと筆者は考えます。 函館は早くから西洋諸国と盛んな交流があったため、教会や各国の領事館など歴史ある西洋建築も多く、また、港町特有の明るさが漂い、坂の多い街のあちこちから見える広い海の輝きと行き交う船の姿が印象的です。街中をかわいらしい路面電車が走っているのもいい感じ。

特別なイベントなど何もなくても、その雰囲気を味わうためだけに訪れたくなる。街中を歩いているだけで癒される。函館にはそんな不思議な魅力があります。

街歩き
ハイカラ洋館、教会、モダンな和洋折衷の家……函館の街並みには、タイムスリップしたような魅力があります。函館っ子おすすめの街歩きにご案内!
  • btn_share_facebook1x-4716037
  • btn_share_twitter1x-3594015
  • btn_share_google1x-1643241
  • btn_share_line2x-7855559
  • btn_share_hatena1x-2712263

dummy_adv300x150-2771056 img_20150909_015141-50x50-1347268

seino!

執筆を依頼する

Copied title and URL