共創とは?

Co-Creation

PROJECT [IDEA / SKILL / OPINION]

「共創」とは、企業や自治体と生活者がいっしょにプロジェクト育成に取り組む新しい考え方。商品やサービスの中に、生活者の視点を取り入れることができます。

NEW PRODUCT

生活者が、自分たちの視点でアイデアを出して企画を評価し、ときには自分の趣味やスキルを活かして専門分野を担当する。そして、自分たちが育てた商品やサービスをSNSなどでPRする。そんな、生活者主導のブランド開発があちこちではじまっています。

「共創」のプロジェクトには、さまざまな進行のしかたがあります。

Connection コネクト型

◯企業や自治体が「アンケート」などの簡単なものから「デザイン」「紹介文」などの専門スキルが必要なものまで自社内では解決できない課題を提示。 ◯希望者がプロフィールや自己アピールを添えて応募し、企業の思いと合致した参加者が選ばれる。 ◯選ばれた人は、責任をもってプロジェクトを遂行。

Competition コンペ型

◯企業や自治体が「CMアイデア」「キャラクターデザイン」などのコンテストを実施。 ◯希望者が作品を完成させて応募し、上位作品が採用になる。 ◯応募作を公表し投票を行うこともあり、自分が気に入った作品・実現して欲しい作品をSNSなどで取り上げて応援する動きがそのまま情報拡散につながる。

Collaboration コラボ型

◯「もっとこんな商品・サービスが欲しい」という思いを持った生活者が企業や自治体の呼びかけに呼応しコミュニティを結成。 ◯意見やアイデアを活発にやりとりしながら課題解決に向かっていく。 ◯参加者側の自主性によってプロジェクトが進行する「共創」の最もわかりやすいかたち。

企業・地域・生活者が共有・共感し、新しい価値を創造します。

企業

昔のようにもっと繁盛してほしい。 新たに商品を市場に投入したい。 地元を盛り上げたい!

対価(謝礼・体験・モノ)

Co-Creation 『Skets』 みんなで作るプロジェクト

知恵・経験・スキル・情熱

生活者

趣味を活かしてあのブランド協力しよう。 僕のデザインで地域の町おこしに貢献したい! アンケートくらいなら私にも参加できるかな!

PAGE TOP OFF